女性へのアドバイス


女性は男性よりたくさんアプローチを受けることが多いので、その中から選べばよい、と思うのは間違いです。 女性もちゃんと男性から選ばれ、男性も結婚する相手として女性を見ています。

スポンサードリンク


希望条件のつけ方


女性は男性への希望条件を設定する際、結婚情報サービスのアドバイザーから、自分より社会的ステータスの低い人を選ばないようにアドバイスされます。これに反発する女性も多いようですが、これはには

  • 男性は社会的地位に対してプライドが高い場合が多く、自分より社会的ステータスの低い女性を求める傾向が強い
  • 実質的に男性への希望条件が低くなることにより、紹介可能範囲の男性が多くなりすぎる
  • このような理由があります。



    もしかしたら次の方が・・・、と思ってしまう罠


    女性は男性からのアプローチをたくさん受ける傾向にあるようです。男性が一人の女性と会えるか会えないか、と言っているうちに女性は3人の男性と会うことが可能という人もいます。

    ですので、良い人に出会ったとしても「今この人と交際しなければ、次にもっといい人と出会うかもしれない」と思ってしまうということを良く聞きます。女性側の心理としてはそう考えてしまいますよね。

    しかしそうしているうちに活動期間の2年間があっというまにすぎてしまった・・・。ということも実際に起こっています。たくさんの男性に会うのは重要なことですが、まだ見ぬ次の男性の事を考えすぎないようにすることもとても大切です。


    スポンサードリンク


    30代女性が苦戦するワケ


    30代の女性は20代とくらべますとやはり男性側の希望条件から外れることが多く、紹介対象がガクッと 減る事も多いです。また、35歳以上となると初婚ではさらに難しくなります。これは男性が自分より年下 を求める傾向が強いことと、35歳以上となると出産がむずかしいのでは!?と男性に判断されるからです。

    男性はもちろんですが女性にも当然誠実さが求められます。いわゆる3高などの理想の高さやワガママさを捨て、柔軟に許容範囲を大きくすることが必要です。


    Copyright © 2006-2007 結婚相談所 結婚情報サービス徹底解説. All rights reserved.
    現在時刻: 2017/06/25 Sunday 03:52:54